maflogo     access 交通案内 donation賛助会員・寄付金のご案内 contact お問い合せ 

 
  agm

 fb Become a fan on Facebook


twitter Follow us on Twitter




gallery 展覧会                       



curent  next  past

※常設展は、特別展期間中など開催していない時期もありますので予めご了承ください。下記開催中の展覧会を事前にご確認いただきますようお願いいたします。なお、展示替え期間中は不定休となります。ご了承ください。

curent

●企画展 2017- Ⅳ (夏休み特別企画)
東 明「クウキであそぶ パラフーク!」

telelam

会期:2017年7月22日|土|- 8月27日|日|
開館時間:11:00 - 18:00(最終入館は17:30)
対象:どなたでも(小学3年性以下のお子さんは保護者同伴)
会場:2F展示室
休館日:火・水曜日
入場無料
詳細はコチラ

line_gray

常設展 2017- Ⅰ

c8

伊藤隆介、小沢剛、笹岡啓子、殿敷侃、ほか

会期:2017年7月22日|土|- 9月10日|日|

開館時間:11:00 - 18:00(最終入館は17:30)
会場:3F展示室
休館日:火・水曜日
観覧料:200円(100円)
(  )内は学生、10名以上の団体料金。高校生以下または18歳未満・各種障害者手帳をお持ちの方は無料

line_gray

next

●企画展 2017- Ⅴ
志水児王・中野渡尉隆
会期:2017年9月30日|土|- 11月5日|日|

常設展 2017- Ⅱ
会期:2017年11月18日|土|- 2018年2月4日 |日|

●企画展 2017- Ⅵ
FLOATING URBAN SLIME / SUBLIME
会期:2017年11月18日|土|- 2018年1月8日 |月・祝|
企画発案/ディレクター:稲川豊
共催:公益財団法人みやうち芸術文化振興財団
企画協力:兼本ひとみ(Studio Niji)、デザイン・ディレクション:Studio Niji
メディア・パートナー:Glass Magazine
参加クリエーター:稲川 豊、イワフチメグミ、We+、Wong Ping、小野 環、Shooshie Sulaiman、Studio Niji、杉本達應、Chen Sai Hua Kuan、Nicola Morrison、ヒロコ ナカジマ、Boo Sze Yang、三上清仁、Lens、James Brooks、松述 総司、Martin Thomas、Peter Yoah、Rupert Loydell、山田亮太

●廿日市市宮内近隣地区 宮内・宮園・四季が丘小学校 児童作品展 2018
会期:2018年1月20日|土|- 2月4日 |日|

●企画展 2018- Ⅰ
会期:2018年3月10日|土|- 5月20日 |日|*予定

※詳細は随時更新します。

line_gray

fukurou

リサーチ・プログラム「梟(ふくろう)コレクション」
*展覧会ではありません


広島市内中心部にあった「なめくじ横丁」にて1966年(昭和41年)から1986年(昭和61年)まで「梟画廊」を経営していた志條みよ子(1923-2013)のコレクション約200点と関連資料を遺族の方から寄贈いただきました。当時を知る作家や関係者の方々にご協力いただきながら、実際の作品や資料を半公開にし、調査・記録作業をおこなっていきます。

期間:2016年8月1日〜12月頃まで(終了時期は予定)
会場:3F展示室
休館日:火・水曜日
*作品・資料保護のために一般公開はいたしません。展覧会は2017年度を予定しています。

詳細はコチラ

line_gray


past

all

企画展 2017- Ⅱ
テレポーティング・ランドスケープ


telelam

諫山元貴、小田原のどか、小宮太郎、丸橋光生
会期:2017年3月11日|土|- 5月21日|日| *会期中、展示替えを行います
   (1) 3月11日|土|- 4月10日|月| (2) 4月15日|土|- 5月21日|日|
主催:公益財団法人みやうち芸術文化振興財団
助成:公益財団法人エネルギア文化・スポーツ財団
詳細はコチラ

line_gray

企画展 2017- Ⅲ
オトリス・グループ|ラディアント


otolith

会期:2017年3月11日|土|- 5月21日|日|
上映時間:11:30−  / 13:00− / 14:30−  / 16:30− (1回約65分 / 受付は各回20分前から)
企画:藤井宏水
協力:LUX Distribution
主催:公益財団法人みやうち芸術文化振興財団
詳細はコチラ

line_gray

廿日市市宮内近隣地区 宮内・宮園・四季が丘小学校 児童作品展 2017

oji

会期:2017年2月4日|土|- 19日|日|
主催:公益財団法人みやうち芸術文化振興財団、廿日市市立宮内小学校、
    廿日市市立宮園小学校、廿日市市立四季が丘小学校
後援:廿日市市教育委員会、
詳細はコチラ

line_gray

企画展 2017- Ⅰ
Whitescape −はつかいち 冬の茶会

whitescape

日時:2017年2月11日|土・祝|、12日|日|、15日|水|、18日|土|、19日|日|
[ 鑑賞ツアー ]
2月13日 |月| / 16日|木|/ 17日|金| *各回20分程度
ディレクター・亭主:長野佳嗣 / 花:平本拓也
主催:公益財団法人みやうち芸術文化振興財団 / 特別協力:武家茶道上田宗箇流
詳細はコチラ

line_gray

大路誠 個展|化石から生命あるものへ

oji

*1月15日のイベントは雪で作家来場が困難なため中止いたします。大変申し訳ございません。
会期:2016年12月3日|土|- 2017年1月15日|日|*1月16日まで会期延長
詳細はコチラ

line_gray

平本拓也 個展 | 花とひととき

hiramoto_1

会期:2016年11月3日|木・祝|- 19日|土|
詳細はコチラ

line_gray

企画展 2016- Ⅲ
A / T(近藤愛助/古堅太郎) | Nのパラドックス


AT

滞在制作:2016年8月21日|日|-
展示会期:2016年9月3日|土|- 10月16日|日|
詳細はコチラ

line_gray

常設展 2016- Ⅰ 広島にゆかりある作家の作品展 |1|
フェノメノン


phenomenon


芦田なつみ、友枝望、長岡朋恵、平野薫、米倉大五郎

会期:2016年4月16日|土|- 2016年7月18日|月・祝|
詳細はコチラ

line_gray

企画展 2016 - Ⅰ
STUDIO PINK HOUSE
スタジオピンクハウスのメンバーによる作品展&オープンスタジオ


ph_banner

会期:2016年2月13日|土| - 3月13日 |日|
*オープンスタジオ:2月13日、21日、22日、3月6日、7日、13日(13:00-18:00)
出品作家:諫山元貴、手嶋勇気
詳細はコチラ

line_gray

特別企画展
被爆70周年記念事業 TODAY IS THE DAY:未来への提案
TODAY IS THE DAY Exhibition for the 70th Anniversary of the Atomic Bombing of Hiroshima


titd_banner
image: ‘Power Boy (Mekong) ’, 2011, Courtesy of SCAI THE BATHHOUSE, © Apichatpong Weerasethakul


アーティスト:ヴィト・アコンチ、ダレン・アーモンド、伊藤隆介、ジョーン・ジョナス、アート・リンゼイ、奈良美智、小沢剛、ピピロッティ・リスト、田中和美、照屋勇賢、リュック・タイマンス、ジャン=リュック・ヴィルムート、ビル・ヴィオラ、ヘンク・フィシュ、アピチャッポン・ウィーラセタクン、ローレンス・ウィーナー
*姓のアルファベット順

企画:平川典俊(アーティスト)、デヴィッド・ロス(元ホイットニー美術館館長)
会期:2015年7月26日 |日| - 9月27日 |日|
詳細はコチラ

line_gray

企画展 2015- Ⅰ
児玉香織 個展|方眼紙と線

kaorikodama1

AFU@AGm_baner

会期:2015年6月6日(土)- 7月4日(土)
協力:株式会社レントゲンヴェルケ
詳細はコチラ

line_gray

企画展 2014- Ⅱ
THE ART FAIR +PLUS-ULTRA 2014 広島芸術センター出品作家による報告展
今はもう存在しない星の光を"美しい"と思う理由


AFU@AGm

会期:2015年2月14日(土)- 3月15日(日)
出品作家:七搦綾乃、米倉大五郎、有瀬龍介、粕谷優、芦田奈津美
特別出品作家:黒田大祐
共催:広島芸術センター

詳細はコチラ

past all

line_gray

about  exhibition  practice  collection  rental