maflogo     access 交通案内 donation賛助会員・寄付金のご案内 contact お問い合せ 

 
  agm

 fb Become a fan on Facebook


twitter Follow us on Twitter




gallery 展覧会                       



curent  next  past

※常設展は、特別展期間中など開催していない時期もありますので予めご了承ください。下記開催中の展覧会を事前にご確認いただきますようお願いいたします。

curent

常設展 2016- Ⅰ 広島にゆかりある作家の作品展 |1|
フェノメノン


phenomenon

芦田なつみ、友枝望、長岡朋恵、平野薫、米倉大五郎

会期:2016年4月16日|土|- 2016年7月18日|月・祝|
開館時間:11:00 -18:00|入館は17:30まで|
休館日:火・水曜日|但し5/3, 4は開館|
会場:3F展示室
観覧料:200円(100円)
( )内は学生、10名以上の団体料金。高校生以下または18歳未満・各種障害者手帳をお持ちの方は無料

詳細はコチラ

line_gray

next

米倉大五郎個展
「湖水区域における景観の多様性 −2000年~2011年+α に行われた研究から −」


yonekura_koten

会期:7月1日|金| - 18日|月・祝| 
開館時間:11:00 -18:00|入館は17:30まで|
休館日:火・水曜日
会場:2F展示室 入場無料

line_gray

リサーチ・プログラム「梟(ふくろう)コレクション」

かつて広島市内に「なめくじ横丁」という戦前からの繁華街がありました。そこに軒を連ねていた酒場「梟(ふくろう)」には画家や文豪家たちが集まっていたそうです。1966年に「梟画廊」に改装、1986年頃に横丁の立ち退きに併せて閉廊されています。このたび、ご縁がありまして梟のオーナーで、文筆家でもあった故・志條みよ子氏(1923-2013年)の「梟コレクション」約200点を当財団で収蔵することになりました。閉廊後も自宅を「梟の部屋」とし、作家に寄り添っておられたようです。 広島の戦前・戦後の美術を知る上でも大変貴重な資料となるコレクションです。今後財団では管理をはじめ調査、公開を行っていきます。このたびは、当時を知る作家や関係者の方々を中心に実際の作品や資料を半公開にし、調査・記録作業をおこなっていきます。皆様のご協力をいただけますと幸いです。

会期:8月〜12月頃まで(予定)
会場:3F展示室
休館日:火・水曜日
*作品・資料保護のために一般公開はいたしません。
情報をお持ちの方はお手数ですがご一報をいただけますと幸いです。詳細は随時更新します。

line_gray

滞在制作+企画展|1|
会期:8月中旬〜11月上旬(予定)
会場:2F展示室
休館日:火・水曜日
*詳細は随時更新します。

line_gray

企画展|2|
会期:12月〜1月中旬(予定)
会場:2F展示室
休館日:火・水曜日、年末年始
*詳細は随時更新します。

line_gray

廿日市市宮内近隣地区 宮内・宮園・四季が丘小学校 児童作品展 2017
会期:2017年2月4日|土|- 19日|日|
会場:2F展示室
休館日:火・水曜日
*詳細は随時更新します。

line_gray

企画展|3|
会期:3月上旬〜5月上旬(予定)
会場:2・3F展示室
休館日:火・水曜日
*詳細は随時更新します。

line_gray


past

all

line_gray

協力企画展
常富芳香 個展
peke peke −毎日刺繍します−

pekepeke

会期:2016年6月11日|土|- 25日|土| *19日までを25日まで延長
開館時間:11:00 -18:00|入館は17:30まで|
休館日:火・水曜日
会場:2F展示室 入場無料
公開制作:6月11日|土|、19日|日| 両日とも13:00–16:00を予定

共同主催:常富芳香、社会福祉法人ひかり会・広島ひかり園
企画協力:公益財団法人みやうち芸術文化振興財団
後援:廿日市市教育委員会

詳細はコチラ

line_gray

STUDIO PINK HOUSE
スタジオピンクハウスのメンバーによる作品展&オープンスタジオ


ph_banner

会期:2016年2月13日|土| - 3月13日 |日|
開館時間:11:00 -18:00|最終入館は17:30まで|
休館日:火・水曜日
会場:2F展示室、スタジオピンクハウス
入場無料

オープニング・レセプション:2016年2月13日|土| 18:00-
*オープンスタジオ:2月13日、21日、22日、3月6日、7日、13日(13:00-18:00)

出品作家:諫山元貴、手嶋勇気
企画:アートギャラリーミヤウチ
主催:公益財団法人みやうち芸術文化振興財団

詳細はコチラ

line_gray

廿日市市宮内近隣地区 宮内・宮園・四季が丘小学校 児童作品展

jidouten2016

会期:2016年1月16日|土| - 1月31日 |日|
開館時間:11:00 -18:00|最終入館は17:30まで|
休館日:火・水曜日
会場:2F展示室
入場無料

主催:公益財団法人みやうち芸術文化振興財団、廿日市市立宮内小学校、
    廿日市市立宮園小学校、廿日市市立四季が丘小学校
後援:廿日市市教育委員会

詳細はコチラ

line_gray

【協力展示】風の環 3.11絆プロジェクト in Hiroshima
チャリティー展示「武藤順九の宇宙」


kazenowa_banner

会期:2015年11月8日|日| - 12月6日 |日|
オープニングレセプション・トーク:11月8日|日|10:30 – 11:30 *どなたでも参加可能
開館時間:11:00 -18:00|最終入館は17:30まで|
休館日:火・水曜日
会場:2F展示室
入場無料

主催:風の環3.11 絆プロジェクト実行委員会
協力:公益財団法人みやうち芸術文化振興財団、宮島大本山大聖院
後援:一般社団法人「風の環」、東日本大震災 鎮魂と追悼のモニュメント建立プロジェクト実行委員会

詳細はコチラ

line_gray

被爆70周年記念事業 TODAY IS THE DAY:未来への提案
TODAY IS THE DAY Exhibition for the 70th Anniversary of the Atomic Bombing of Hiroshima

titd_banner
image: ‘Power Boy (Mekong) ’, 2011, Courtesy of SCAI THE BATHHOUSE, © Apichatpong Weerasethakul


アーティスト:ヴィト・アコンチ、ダレン・アーモンド、伊藤隆介、ジョーン・ジョナス、アート・リンゼイ、奈良美智、小沢剛、ピピロッティ・リスト、田中和美、照屋勇賢、リュック・タイマンス、ジャン=リュック・ヴィルムート、ビル・ヴィオラ、ヘンク・フィシュ、アピチャッポン・ウィーラセタクン、ローレンス・ウィーナー
*姓のアルファベット順

企画:平川典俊(アーティスト)、デヴィッド・ロス(元ホイットニー美術館館長)

会期:2015年7月26日 |日| - 9月27日 |日|
開館時間:11:00 -18:00(但し入館は17:30まで
休館日:火・水曜日(但し9/22, 23は開館)
会場:2, 3F展示室、ほか
観覧料:一般800円(700円)、学生500円(400円)、高校生以下または18歳未満・各種障害者手帳をお持ちの方は無料、( )内は10名以上の団体料金

詳細はコチラ

line_gray

kaorikodama1

AFU@AGm_baner

会期:2015年6月6日(土)- 7月4日(土)
開館時間:11:00 -18:00(但し入館は17:30まで)
休館日:火・水曜日 *入場無料
会場:2F展示室
オープニング・レセプション:6月6日(土)18:00〜 *どなたでも参加可能
主催:公益財団法人みやうち芸術文化振興財団・アートギャラリーミヤウチ
協力:株式会社レントゲンヴェルケ

詳細はコチラ

line_gray

AFU@AGm_baner

AFU@AGm

会期:2015年2月14日(土)- 3月15日(日)
開館時間:11:00 -18:00(入館は17:30まで)
休館日:火・水曜日
観覧料:無料 *作品の展示販売あり

出品作家:七搦綾乃、米倉大五郎、有瀬龍介、粕谷優、芦田奈津美
特別出品作家:黒田大祐

主催:公益財団法人みやうち芸術文化振興財団・アートギャラリーミヤウチ
共催:広島芸術センター

詳細はコチラ

line_gray