maflogo     access 交通案内 donation賛助会員・寄付金のご案内 contact お問い合せ 

 
  agm

 fb Become a fan on Facebook


twitter Follow us on Twitter




gallery 展覧会                       



AFU@AGm


line_gray

afu@agm

afu@agm

afu@agm
Installation View


THE ART FAIR +PLUS-ULTRA 2014 広島芸術センター出品作家による報告展
今はもう存在しない星の光を"美しい"と思う理由


「THE ART FAIR +PLUS - ULTRA 2014」(スパイラルガーデン、東京)においてアートギャラリーミヤウチの学芸員がディレクターとして出展した「広島芸術センター」からの出品作家による報告展を開催します。このたびのアートフェアでは関東方面での発表の機会が少ない広島出身、在住といった20〜30代の若手作家の作品を紹介し、大変多くの反響をいただくことができました。報告展では移りゆく情感の一瞬一瞬を刻み込んだような彫刻、水が流れ続ける現象と風景を数秒で描いた絵画、様々な情報が詰め込まれた書籍を解体し再構成していく立体など、当時の出品作品をはじめ、近作をご紹介します。また、特別出品作家として広島芸術センターを構想・設立したアーティストの一人である黒田大祐の作品も同時展示します。

2015年2月14日(土)- 3月15日(日)
開館時間:11:00 -18:00(入館は17:30まで)
休館日:火・水曜日
観覧料:無料 *作品の展示販売あり

出品作家:七搦綾乃、米倉大五郎、粕谷優、有瀬龍介、芦田奈津美
特別出品作家:黒田大祐

主催:公益財団法人みやうち芸術文化振興財団
共催:広島芸術センター
企画:広島芸術センター、今井みはる

◎ 出品作家 ※掲載画像の一部は参考作品となります。

七搦綾乃 / NANAKARAGE Ayano
1987年鹿児島生まれ。2011年広島市立大学大学院芸術学研究科彫刻専攻修了。現在、広島市立大学芸術学部非常勤助教。最近の主な展覧会に、「対馬アートファンタジア」(長崎県対馬市各所、2013/2014)、「個展:Children see,children do.」(広島芸術センター、2012)、「韓・日現代造形展」(コンピョンギャラリー、韓国、2012)、「六面体」(ギャラリー知、京都、2010/2012)、「抱きしめたい!近代日本の木彫「木で創る」広島の作家」(広島県立美術館、2011)。受賞歴に、「第16回 公募展木彫フォークアート・おおや 養父市ふるさと賞」(2009)、「広島市立大学学長奨励賞」(2010)、「広島市立大学卒業作品展プリラジュネス賞」(2011)、「トーキョーワンダーウォール公募2014入選」(2014)。

nanakarage nanakarage

line_gray

米倉大五郎 / YONEKURA Daigoro
1975年広島生まれ。2006年広島市立大学芸術学研究科博士後期課程修了(芸術学博士号取得)。2009年ベルリン芸術大学絵画科(聴講生)所属、公益財団法人ポーラ美術振興財団在外研修助成取得(ドイツ)。主な展覧会に、「米倉大五郎展」(ギャラリー山口 、東京、2005)、「新公募展」広島市現代美術館(広島、2005)、「旧中工場アートプロジェクト」(広島、2007)、「This is red : CAP cologne」(ケルン、ドイツ、2010)、「almost the same, but not quite」(ベルリン、ドイツ、2010)、「魔法使いの部屋展: 中之条ビエンナーレ 2011」(群馬、2011)、「ポーラミュージアムアネックス展 2014 -光輝と陰影」(東京、2014)。「Brodie Higgs」監督による映画「ELIXIR」に参加(ドイツ、ベルリン、2013)。現象のコラージュを方法論にして抽象的な風景画を制作する。
www.d-yonekura.jpn.org

yonekura yonekura

line_gray

粕谷優 / KASUYA Yu
1991年京都生まれ。2014年広島市立大学芸術学部美術学科彫刻専攻卒業。現在、広島市立大学芸術学研究科造形芸術専攻彫刻研究在籍。主な展覧会に、「対馬アートファンタジア2014」(長崎県対馬市厳原町、2014)、「よにんぶん」(ギャラリー中井、京都、2014)、「GAMEX MEXICO JAPON 2014」(日本大使館、メキシコ、2014)、「アートと目が合う瞬間」(スパイラルガーデン、東京、2014)、「絶滅考」(広島芸術センター、2014)、「キヲクの再生プロジェクト」(広島、2012)、「ヒロシマ・オー 現在の広島」(旧日本銀行広島支店、2013)、「オワリはじまり」(ギャラリーキヲクの空箱、広島、2013)。

kasuya

line_gray

有瀬龍介 / ARUSE Ryosuke
1983年5月30日生まれ。イラストレーター。2000年頃より活動をスタート。手描きによる繊細なタッチを得意とし、古い本の挿絵・書物、身近にある植物・食物などから着想を得て制作した作品や、抽象画、墨絵など,テーマ毎に幅広い作品を生み出している。現在は、不定期の個展開催の他に、様々なアーティストやクライアントからイラストの依頼を受けて制作活動を行っている。主な展覧会に、個展「こけらおとし」(cafe gallery etw、京都、2013)、個展「墨」(SOL、京都、2013)、銭本眞理・有瀬龍介 グループ展「壺之天中」(広島芸術センター、2013)、有瀬肇・村瀬貴昭(Re:planter)・有瀬龍介グループ展「ティーナイト」(陰翳、京都、2012)、芦田尚美・有瀬龍介2人展 AMETSUTI×ARUSE「しろ くろ いろ」(prinz、京都、2010)。
www.ryosukearuse.sakura.ne.jp

aruse

line_gray

芦田奈津美 / ASHIDA Natsumi
1993年京都生まれ。現在、広島市立大学芸術学部美術学科油絵専攻在籍。主な展覧会に、「夢現」(Reno*Renoギャラリー、広島、2014)

ahida ahida2



line_gray

特別出品作家
黒田大祐 / KURODA Daisuke

1982年京都府生まれ。2013年広島市立大学大学院芸術学研究科総合造形芸術専攻博士後期課程(彫刻領域)修了。アーティストグループ「チームやめよう」主宰。 主な展覧会に、「アジアの夢ーBankART Life4」(BankART Studio NYK、神奈川、2014)、「対馬アートファンタジア」(長崎県対馬市、2014)、「個展 ばんじいしころ」(旧日本銀行広島支店、2014)、「ヒロシマ・オー ヒロシマフクシマ」(旧日本銀行広島支店、2012)、「半農半アート 水ありて」(東広島市立美術館、2011)、「廣島から広島へ ドームが見続けた街」(広島県立美術館、2010)。「チームやめよう」の活動として「ゲンビどこでも企画公募2009」(広島市現代美術館、2009)、「第14回岡本太郎現代芸術賞展」(岡本太郎美術館、2011)、「YAMEYOU-1」(広島芸術センター、2011)、「第6回展覧会企画公募 それでもつくるのか」(トーキョーワンダーサイト本郷、東京、2012)、「エマージェンシーズ!ー024」(NTTインターコミュニケーション・センター、東京、2014)。

kuroda 


 

line_gray

展覧会一覧に戻る

line_gray

about  exhibition  practice  collection  rental