山本美次 / YAMAMOTO Mitsugi《いつきしま》2011年、油彩・キャンバス

imagecaption
伊東敏光 / ITO Toshimitsu《宮島》 2013年、木

imagecaption
砂原久 / SUNAHARA Hisashi《未完の経堂》1991年、油彩・キャンバス

imagecaption
笹岡啓子 / SASAOKA Keiko《PARK CITY》2008年、ゼラチンシルバープリント

imagecaption
丸橋光生 / MARUHASHI Mitsuo《Behind The Color》2017年、ミクストメディア

imagecaption
小宮太郎 / KOMIYA Taro《垂直で水平な風景を(撮る)》2017年、インクジェットプリント


常設展 2019-Ⅱ

収蔵作品の中から広島の風景が題材となっている約40点の作品を展示します。

赤松和彦、伊東敏光、宇佐川良、大木茂、大谷一翠、景山淳吉、金折文男、喜種保男、小宮太郎、笹岡啓子、砂原久、田谷行平、名柄正之、新延輝雄、橋本武彦、浜崎左髪子、福井芳郎、丸橋光生、宮川啓五、山本美次

会期:2019年10月13日|日|− 11月24日|日|、12月2日|月|− 29日|日|
開館時間:10:00 - 17:00(最終入館は16:30)
会場:2F展示室(半室)、3F展示室
休館日:火・水曜日
観覧料:一般200円 学生100円
*高校生以下または18歳未満・各種障害者手帳をお持ちの方は無料
主催:公益財団法人みやうち芸術文化振興財団


2F展示室は、広島の川、海、山、街中など様々な場所の風景が描かれた風景画を、3F展示室では宮島、平和公園周辺といった広島を象徴するような場所をモチーフにした作品や、ギャラリーミヤウチの窓から見えるような風景写真を展示しています。