maflogo     access 交通案内 donation賛助会員・寄付金のご案内 contact お問い合せ 

 
  agm

 fb Become a fan on Facebook


twitter Follow us on Twitter




gallery 展覧会                       



hiramoto_8


line_gray

平本拓也 個展|花とひととき


会期:2016年11月3日|木・祝|- 19日|土|
開館時間:11:00 -18:00|入館は17:30まで|
会場:2F展示室 入場無料
休館日:火・水曜日

line_gray

四季の花講座

hiramoto_2

日時:2016年11月20日|日|10:30〜12:30
内容:平本による実演30分、教室1時間半
定員:10名 (要申込、先着順)*定員に達しました
受講料:3,000円 花材費:1,500円
持参物:花鋏(お持ちであれば)、ふきん、筆記用具、花材を持ち帰る袋
*花器は貸出のみ、お花はお持ち帰り頂きます

申込方法:電話、FAX、メールのいずれかにて、お名前、ご連絡先、人数をお知らせください。FAX、メールの場合は「花講座の申込」とご記入ください。直接ギャラリーにてお申し込みいただくことも可能です。
TEL: 0829-30-8511 FAX: 0829-39-8931 
E-mail: agm@miyauchiaf.or.jp

line_gray

“ 花をいけることは自然のなかに身をおくことでその美しさに気付かされることから始まります ”

平本拓也は自らを華道家ではなく「花のひと」と呼称し、季節の山野草に出会い、愛で、草・木・花とともに過ごす「ひととき」を、いけることでしつらえていきます。平本のいける姿は、終始鋭い視線を植物に注ぎ、花との時間を独り占めするようでもあり、そして花によって生かされている覚悟のようなものも感じます。平本が言う「ひととき」とは、自然の花と出会った時から始まり、 いけられた花とともに生きるという、古くから日本人がもっている自然を愛でる心を知覚できる時間のことでしょう。

このたびの展示では、あらかじめ決めておいた植物ではなく、設営の日に応じて出会うことのできる植物を選び、平本のその日の心情とともに空間を構成していきます。空間を利用したしつらえから、器を使用した花いけ、そしてこれまでの「ひととき」を平本の視点で残した写真のスライドショーを予定しており、その場限りの様々な植物の表情をお楽しみください。会期中の幾日かはお手入れを随時行うため、「花とひととき」を体現する平本の姿に相見えるかもしれません。会期終了後の翌日には、平本による実演やレクチャー、季節の山野草を中心とした草花をいける教室といった「四季の花講座」を開催します(要申込・上記参照)。

庭や盆栽といった人為的でありながら慎ましやかな自然の姿を愛でる習慣が発達したように、何気ない時間と空間から新たな発見が始まることを期待します。

line_gray

平本拓也|HIRAMOTO Takuya
花のひと。1981年、広島県呉市生まれ。2002年から2015年まで県外で花屋勤務を経験。現在、生まれ育った広島県を活動の拠点とし、草・木・花の自然の姿、四季の美しさに触れ、表現の原点を見つめる。自身の考える植物と人とを繋ぐ時間「ひととき」を創作している。フラワーデザイン競技会の「ジャパンカップ」で準優勝するなど全国大会での入賞多数。
hiramoto-takuya.tumblr.com

hiramoto_3 hiramoto_5 hiramoto_5

hiramoto_6 hiramoto_7
*写真は全てが秋の植物ではありません

line_gray

 

line_gray

展覧会一覧に戻る

line_gray

about  exhibition  practice  collection  rental