maflogo    交通案内  賛助会員・寄付金のご案内  お問い合せ  

 
  agm

 fb Become a fan on Facebook


twitter Follow us on Twitter




gallery 展覧会                       



curent next


past


企画展 2017- Ⅱ
テレポーティング・ランドスケープ


telelam

諫山元貴、小田原のどか、小宮太郎、丸橋光生
会期:2017年3月11日|土|- 5月21日|日| *会期中、展示替えを行います
   (1) 3月11日|土|- 4月10日|月| (2) 4月15日|土|- 5月21日|日|
開館時間:11:00 - 18:00(最終入館は17:30)
会場:2・3F展示室
休館日:火・水曜日、4/13-14(但し5/3は開館)
観覧料:200円(100円)
( )内は学生、10名以上の団体料金。高校生以下または18歳未満・各種障害者手帳をお持ちの方は無料
主催:公益財団法人みやうち芸術文化振興財団
助成:公益財団法人エネルギア文化・スポーツ財団
詳細はコチラ

line_gray

企画展 2017- Ⅲ
オトリス・グループ|ラディアント


otolith

会期:2017年3月11日|土|- 5月21日|日|
上映時間:11:30−  / 13:00− / 14:30−  / 16:30− (1回約65分 / 受付は各回20分前から)
休館日:火・水曜日、4/13-14(但し5/3は開館)
会場:3F展示室
観覧料:一般800円、学生500円、高校生300円
*中学生以下・各種障害者手帳をお持ちの方は無料
企画:藤井宏水
協力:LUX Distribution
主催:公益財団法人みやうち芸術文化振興財団
詳細はコチラ

line_gray

廿日市市宮内近隣地区 宮内・宮園・四季が丘小学校 児童作品展 2017

oji

会期:2017年2月4日|土|- 19日|日|
開館時間:11:00 -18:00|入館は17:30まで|
会場:2F展示室 入場無料
休館日:火・水曜日
主催:公益財団法人みやうち芸術文化振興財団、廿日市市立宮内小学校、
    廿日市市立宮園小学校、廿日市市立四季が丘小学校
後援:廿日市市教育委員会、
詳細はコチラ

line_gray

企画展 2017- Ⅰ
Whitescape −はつかいち 冬の茶会


whitescape

日時:2017年2月11日|土・祝|、12日|日|、15日|水|、18日|土|、19日|日|
席数:1日6席(15日のみ4席)※完全予約制(予約受付は1月16日から予定)
参加費:1,000円/名
会場:3F展示室

[ 鑑賞ツアー ]
2月13日 |月| / 16日|木|/ 17日|金| *各回20分程度
開始時間:11:30 , 13:30 , 15:30 , 17:30
参加費:200円(中学生以下無料)*申込不要

ディレクター・亭主:長野佳嗣 / 花:平本拓也
主催:公益財団法人みやうち芸術文化振興財団 / 特別協力:武家茶道上田宗箇流
詳細はコチラ

line_gray

大路誠 個展|化石から生命あるものへ

oji

*1月15日のイベントは雪で作家来場が困難なため中止いたします。大変申し訳ございません。
会期:2016年12月3日|土|- 2017年1月15日|日|*1月16日まで会期延長
開館時間:11:00 -18:00|入館は17:30まで|
会場:2F展示室
休館日:火・水曜日、年末年始12月30日- 1月3日*年始は1月5日からの開館
観覧料:100円
高校生以下または18歳未満・各種障害者手帳をお持ちの方は無料
詳細はコチラ

line_gray

平本拓也 個展 | 花とひととき

hiramoto_1

会期:2016年11月3日|木・祝|- 19日|土|
会場:2F展示室 入場無料
詳細はコチラ

line_gray

企画展 2016- Ⅲ
A / T(近藤愛助/古堅太郎) | Nのパラドックス


AT

滞在制作:2016年8月21日|日|-
展示会期:2016年9月3日|土|- 10月16日|日|
会場:2F展示室 入場無料
オープニング・パーティー/アーティストトーク:2016年9月3日|土|19:00-
詳細はコチラ

line_gray

常設展 2016- Ⅰ 広島にゆかりある作家の作品展 |1|
フェノメノン


phenomenon

芦田なつみ、友枝望、長岡朋恵、平野薫、米倉大五郎

会期:2016年4月16日|土|- 2016年7月18日|月・祝|
会場:3F展示室
観覧料:200円(100円)
( )内は学生、10名以上の団体料金。高校生以下または18歳未満・各種障害者手帳をお持ちの方は無料

詳細はコチラ


line_gray

企画展
2016- Ⅱ
米倉大五郎個展
「湖水区域における景観の多様性 −2000年~2011年+α に行われた研究から −」


yonekura_koten

会期:7月1日|金| - 18日|月・祝| 
会場:2F展示室 入場無料

line_gray

協力企画展
常富芳香 個展peke peke −毎日刺繍します−


pekepeke

会期:2016年6月11日|土|- 25日|土| *19日までを25日まで延長
会場:2F展示室 入場無料
公開制作:6月11日|土|、19日|日| 両日とも13:00–16:00を予定
共同主催:常富芳香、社会福祉法人ひかり会・広島ひかり園
企画協力:公益財団法人みやうち芸術文化振興財団
後援:廿日市市教育委員会

詳細はコチラ

line_gray

企画展 2016- Ⅰ
STUDIO PINK HOUSE
スタジオピンクハウスのメンバーによる作品展&オープンスタジオ


ph_banner

会期:2016年2月13日|土| - 3月13日 |日|
会場:2F展示室、スタジオピンクハウス  入場無料
オープニング・レセプション:2016年2月13日|土| 18:00-
*オープンスタジオ:2月13日、21日、22日、3月6日、7日、13日(13:00-18:00)

出品作家:諫山元貴、手嶋勇気
企画:アートギャラリーミヤウチ
主催:公益財団法人みやうち芸術文化振興財団

詳細はコチラ

line_gray

常設展 2015-Ⅱ
PRIVATE COLLECTION


c6_banner

舟越桂・猪熊弦一郎・有元利夫 ほか
*ドローイング、版画を中心に、個人コレクターからの寄託作品による常設展

会期:2015年11月8日(日)- 2016年3月13日(日)*会期を延長しました
開館時間:11:00 -18:00(入館は17:30まで)
休館日:火・水曜日、12/31-1/3(但し12/23は開館)
会場:3F展示室
観覧料:200円(100円)
( )内は学生、10名以上の団体料金。高校生以下または18歳未満・各種障害者手帳をお持ちの方は無料

line_gray

廿日市市宮内近隣地区 宮内・宮園・四季が丘小学校 児童作品展

jidouten2016

会期:2016年1月16日|土| - 1月31日 |日|
会場:2F展示室 入場無料
主催:公益財団法人みやうち芸術文化振興財団、廿日市市立宮内小学校、
    廿日市市立宮園小学校、廿日市市立四季が丘小学校
後援:廿日市市教育委員会

詳細はコチラ

line_gray

【協力展示】風の環 3.11絆プロジェクト in Hiroshima
チャリティー展示「武藤順九の宇宙」


kazenowa_banner

会期:2015年11月8日|日| - 12月6日 |日|
オープニングレセプション・トーク:11月8日|日|10:30 – 11:30 *どなたでも参加可能
会場:2F展示室 入場無料

主催:風の環3.11 絆プロジェクト実行委員会
協力:公益財団法人みやうち芸術文化振興財団、宮島大本山大聖院
後援:一般社団法人「風の環」、東日本大震災 鎮魂と追悼のモニュメント建立プロジェクト実行委員会

詳細はコチラ

line_gray

特別企画展
被爆70周年記念事業 TODAY IS THE DAY:未来への提案
TODAY IS THE DAY Exhibition for the 70th Anniversary of the Atomic Bombing of Hiroshima


titd_banner
image: ‘Power Boy (Mekong) ’, 2011, Courtesy of SCAI THE BATHHOUSE, © Apichatpong Weerasethakul


アーティスト:ヴィト・アコンチ、ダレン・アーモンド、伊藤隆介、ジョーン・ジョナス、アート・リンゼイ、奈良美智、小沢剛、ピピロッティ・リスト、田中和美、照屋勇賢、リュック・タイマンス、ジャン=リュック・ヴィルムート、ビル・ヴィオラ、ヘンク・フィシュ、アピチャッポン・ウィーラセタクン、ローレンス・ウィーナー
*姓のアルファベット順

企画:平川典俊(アーティスト)、デヴィッド・ロス(元ホイットニー美術館館長)

会期:2015年7月26日 |日| - 9月27日 |日|
会場:2, 3F展示室、ほか
観覧料:一般800円(700円)、学生500円(400円)、高校生以下または18歳未満・各種障害者手帳をお持ちの方は無料、( )内は10名以上の団体料金

詳細はコチラ

line_gray

企画展 2015-Ⅰ
児玉香織 個展|方眼紙と線


kaorikodama1

AFU@AGm_baner

会期:2015年6月6日(土)- 7月4日(土)
会場:2F展示室 入場無料
オープニング・レセプション:6月6日(土)18:00〜 *どなたでも参加可能
協力:株式会社レントゲンヴェルケ

詳細はコチラ

line_gray

常設展 2015-Ⅰ
静寂の強さ


c5_dm

赤松和彦 / 諫山元貴 / 沖中志帆 / 佐伯勲 / 笹岡啓子 / 髙藤博行 ほか
*収蔵作品を中心に当館の被爆70周年記念事業の一環として開催します

会期:2015年4月4日(土)- 2015年7月4日(土)
開館時間:11:00 -18:00(入館は17:30まで)
休館日:火・水曜日(但し4/29, 5/5-6は開館)
会場:3F展示室
観覧料:200円(100円)
( )内は学生、10名以上の団体料金。高校生以下または18歳未満・各種障害者手帳をお持ちの方は無料

line_gray

企画展 2014-Ⅱ
THE ART FAIR +PLUS-ULTRA 2014 広島芸術センター出品作家による報告展
今はもう存在しない星の光を"美しい"と思う理由


AFU@AGm

会期:2015年2月14日(土)- 3月15日(日)
会場:2F展示室 入場無料 *作品の展示販売あり

出品作家:七搦綾乃、米倉大五郎、有瀬龍介、粕谷優、芦田奈津美
特別出品作家:黒田大祐

詳細はコチラ

line_gray

常設展 2014-Ⅱ
AGm Collecton ー個人コレクションを添えてー


c4_dm

出品作家:赤松和彦、景山淳吉 ほか、数名の個人コレクションを同時展示

会期:2014年10月11日(土)- 2015年2月14日(土)
開館時間:11:00 -18:00(入館は17:30まで)
休館日:火・水曜日、11月2日-3日、12月30日-1月4日
観覧料:200円(100円)
( )内は学生、20名以上の団体料金。高校生以下または18歳未満・各種障害者手帳をお持ちの方は無料

line_gray

特別企画展
アートギャラリーミヤウチ開館1周年記念展
はつかいち ー惹かれる場所


kuuki_baner

出品作家:宇佐川良、大谷一翠、川原圭斎、川原圭二、川原厳栄堂(陶斎)、桑田覚、小林松斎、小林千古、佐伯勲、田原一久、丹田和宏、広川一仙、山根興哉(二代・三代)、山本美次

会期:2014年8月3日(日)〜9月28日(日)
観覧料:500円(300円)
( )内は学生、10名以上の団体料金。高校生以下または18歳未満・各種障害者手帳をお持ちの方は無料

詳細はコチラ

line_gray

常設展 2014-Ⅰ
HOME


c3_home_dm

出品作家:赤松和彦、伊東敏光、景山淳吉、砂原久、高藤博行、山本美次

会期:2014年5月31日(土)- 7月19日(土)
開館時間:11:00 -18:00(入館は17:30まで)
休館日:火・水曜日
観覧料:200円(100円)
( )内は学生、20名以上の団体料金。高校生以下または18歳未満・各種障害者手帳をお持ちの方は無料

line_gray

企画展 2014-Ⅰ
叢-Qusamura × ART GALLERY miyauchi
喋る、響く、植物の声。 -The VOICE of Plant-


qusamura1

会期:2014年6月7日(土)- 6月29日(日)
会場:2F展示室 入場無料
アーティスト:小田 康平(叢-Qusamura

詳細はコチラ

line_gray

特別企画展
空気 -微かなサイン-


kuuki_banner

出品作家:沖中志帆、笹岡啓子、SHAREFL、友定睦、長岡朋恵、藤江竜太郎

会期:2014年2月23日(日)- 5月11日(日)
観覧料:400円(300円)
( )内は学生、10名以上の団体料金。高校生以下または18歳未満・各種障害者手帳をお持ちの方は無料

詳細はコチラ

line_gray

常設展 2013-Ⅱ
うつろう


C2_DM

今回、廿日市出身・在住作家のうち2名の作品を新しく収蔵し、公開しています。収蔵作品の一つである山本美次の「風」は、林檎が水の中や宇宙をうつろい漂っているかのようであり、生物としての力が感じられます。その他、春夏秋冬、それぞれの季節感溢れる風景画や、「早春」「芽生え」と題し、時の移り変わりを画面の中に留めた抽象画、植物や虫、そして人間の生命のうつろいが感じられる絵画作品計21点をご紹介します。新たな年を迎え、春に向かって流れる微かな匂いや気温の変化を楽しむ季節に相応しい作品郡が並ぶ会場の雰囲気にも触れていただければと思います。

出品作家:赤松和彦, 宇佐川良, 景山淳吉, 小林和作, 友安径子, 新延輝雄, 松村公嗣, 山本美次

会期:2013年12月15日(日)- 2014年2月8日(土)
開館時間:11:00 -18:00(入館は17:30まで)
休館日:火・水曜日(但し12月30日〜1月3日までは休館いたします)
観覧料:200円(100円)
( )内は学生、20名以上の団体料金。高校生以下または18歳未満・各種障害者手帳をお持ちの方は無料

line_gray



このたび、広島県廿日市市にアートギャラリーミヤウチが開館します。当ギャラリーは、2012年4月に設立した公益財団法人みやうち芸術文化振興財団が所有する施設で、展示・イベント・創作活動による芸術文化と地域社会の発展を目的としています。既存のプログラムにとらわれず様々な領域が交錯するスペースとして、自らが学び、楽しみ、創造し、笑顔や活力を生み出す契機作りを企画していきます。9月1日より、最初のプログラムとして常設展と特別展を開催いたします。広島の新しいコミュニティアートスペースとして、是非ご利用、ご来場ください。

開館記念特別展
S connection -コレクションから始まるコネクション


出品作家:青木龍山, 赤松和彦, ベルナール・カトラン, 平松礼二, 平山郁夫, 伊東敏光, 景山淳吉,
     絹谷幸二, 小林和作, 松村公嗣, 棟方志功, 西谷勝輝, 大路誠, 大谷一翠

会期:2013年9月1日(日)- 10月26日(土)
観覧料:400円(300円) 常設展とのセット券500円(300円)
( )内は学生、20名以上の団体料金。高校生以下または18歳未満・各種障害者手帳をお持ちの方は無料

詳細はコチラ

line_gray

常設展 2013-Ⅰ
ART LIFE BALANCE


アートギャラリーミヤウチに寄贈予定の作品をご紹介します。当ギャラリーでは、自らが学び、楽しみ、創造するためのプログラムづくりを目指しており、その最初のプログラムとして、アートがもたらす生活の調和をテーマとした展覧会を開催します。タイトルの「アート・ライフ・バランス」とは、仕事と生活の調和を推進するための取組である「ワーク・ライフ・バランス」から着想を得た造語です。それぞれの生活に合わせた調和のとれたライフスタイルをつくる機会になればと願い、作品がもつ魅力に触れていただくと同時に、鑑賞することが自らの視点で創造することに繋がる鑑賞方法をお楽しみいただきたいと思います。

akamatsu  
〔左から〕赤松和彦”イニシュモアの夏 アラン諸島”, 新延輝雄“夕月” , 高橋秀“人間嫌い”

出品作家:赤松和彦, 大藪雅孝, 高橋秀, 名柄正之, 新延輝雄, 薮野圭一

会期:2013年9月1日(日)- 12月9日(月)
開館時間:11:00 -18:00(但し9月1日は13:00から, 最終日は15:00まで, 入館は17:30まで)
休館日:火・水曜日
観覧料:200円(100円)
( )内は学生、20名以上の団体料金。高校生以下または18歳未満・各種障害者手帳をお持ちの方は無料

line_gray

curent next

about  exhibition  practice  collection  rental