maflogo     access 交通案内 donation賛助会員・寄付金のご案内 contact お問い合せ 

 
  agm

 fb Become a fan on Facebook


twitter Follow us on Twitter




gallery 展覧会                       



ph_banner
左:手嶋勇気 "Junko" 右:諫山元貴 still of "screen"


line_gray

pinkhouse

pinkhouse
Installation View

STUDIO PINK HOUSE
スタジオピンクハウスのメンバーによる作品展&オープンスタジオ


出品作家:諫山元貴、手嶋勇気

会期:2016年2月13日|土| - 3月13日 |日|
開館時間:11:00 -18:00|最終入館は17:30まで|
休館日:火・水曜日
会場:2F展示室、スタジオピンクハウス
入場無料

オープニング・レセプション:2016年2月13日|土| 18:00- *どなたでも参加可能
最新情報はこちらへ

オープンスタジオ

会期中、下記の日程で制作現場であるスタジオピンクハウスに作家が滞在し一般公開をします。何かしらの都合上、急遽公開できない、あるいは別日に公開する可能性もあります。ご了承ください。随時FacebookやTwitterなどでお知らせしていきます。
2月13日|土|・21日|日|・22日|月|・3月6日|日|・7日|月|・13日|日|
公開予定時間:13:00-18:00

line_gray

ph

ピンク色の外壁が印象的な民家がアートギャラリーミヤウチの隣に立地しています。ギャラリーではその民家を通称「ピンクハウス」と呼び、倉庫や展示場所等として使用してきました。2015年4月からは若手作家の制作場所として解放し、現在2名の作家が利用しています。

諫山元貴は、焼成していない磁器土のオブジェが水中で崩れていく様子を定点撮影した映像を媒介に、普段知覚できない現象や、日常的に意識しないモチーフを劇的に提示する作品を制作しています。最近では、同一個体内で異なる遺伝子が混じりあっている状態の「キメラ」を題材に、個体、気体、エネルギーなどが人工的に創造されてきた背景から見えてくるものを、創作行為に重ねて試作を続けています。
手嶋勇気は、古典的な絵画技法を学んだ上で、現在はラフスケッチのような絵画を制作しています。人物画では、顔の表情や体型を忠実に再現するのではなく、仕草や佇まいでモデルの素姓を想起させるタッチが特徴的です。モチーフに向き合いながら描いていた時の空気感や時間も絵の中で流れ続けているかのようです。そのタッチは日々更新され、作品や作家のイメージさえも固定しないようなスタイルを続けています。

この2名の作家により、ギャラリーでは近作の発表、スタジオピンクハウスでは日時限定で、現在制作中の作品や制作現場を公開します。是非お立ち会いください。

企画:アートギャラリーミヤウチ
主催:公益財団法人みやうち芸術文化振興財団

line_gray

諫山元貴 / Genki Isayama
1987年大分生まれ。2009年京都造形芸術大学美術工芸学科総合造形コース卒業、2011年広島市立大学大学院芸術学研究科博士前期課程現代表現領域修了。最近の主な展覧会に、「Sights and Sounds: Japan」(ユダヤ博物館 [The Jewish Museum] 、ニューヨーク、2016)、「ULTRA AWARD 2015: ポスト・インターネット・アート−新しいマテリアリティ、メディアリティ」(ギャルリ・オーブ、京都、2015)、「群馬青年ビエンナーレ」(群馬県立近代美術館、2015)、「UTOPIA–何処にもない場所–」(ART BASE 百島、広島、2012)。2010年「ULTRA AWARD 2010」(京都)にて最優秀賞を受賞。2014年にはベルリンのStudio Haegue Yangのレジデンスプログラムに参加した。
g-isayama.tumblr.com

isayama_1  isayama_5
Still from “Chronos / Kairos "                            Still from “Screen"   

手嶋勇気 / Yuki Tejima
1989年北海道生まれ。2006〜08年に北海道伊達市の「だて噴火湾アートビレッジ:野田・永山塾」に入塾。2008年札幌平岸高校デザインアートコース卒業。2014年広島市立大学大学院博士前期課程芸術学研究科絵画研究修了、現在同大学院芸術学研究科博士後期課程在籍。最近の主な展覧会に、「THE CHUSHINS : The joint exhibition of 3 painters」(横川創苑、広島、2015)、「ドローイング展」(ひなた文庫、熊本、2015)、「兆ーKIZASHIー展」(天満屋広島八丁堀美術画廊/アルパーク天満屋ギャラリー、2014)。2013年、フレスコ画の技法研究を行うためにイタリアのローマ、ナポリ、ポンペイを周遊した。2014年に修了作品が優秀賞を受賞、広島赤十字・原爆病院に別作品が買い取りされた。
yukitejima.tumblr.com

tejima_1 tejima_4 tejima_5
“self-portrait ”            "Junko” Private Collection     "drawing -portrait of Junko-”

line_gray

 

line_gray

展覧会一覧に戻る

line_gray

about  exhibition  practice  collection  rental