夏休みプロジェクト「KIT Miyauchi 00」

2024年7月26日(金)-9月1日(日)

アート体験の継続を目指す夏休みプロジェクト1年目

子どもから大人まで、地域の人たちが集まりアート体験の継続を目指す夏休みプロジェクト「KIT Miyauchi」(キット・ミヤウチ)が始まります。プロジェクトの始まりである今年は「00(ゼロゼロ)」の回とし、ギャラリーがある廿日市市宮内地域やその周辺を深掘りする手法として「写真」をモチーフとする2名のアーティストを招聘します。
カメラをコミュニケーションのツールとして地域の文化情報を集めていくイタイミナコ。香川県を拠点に瀬戸内の海や自然の美しさを捉える写真家のYuka Mizuhara。宮内地域を舞台に2名のアーティストが展開する新作や活動を是非ご覧ください。

会場は「KIT」にちなみ「TOOL(ツール)」・「TABLE(テーブル)」・「LOBBY(ロビー)」の3枠で構成され、各枠で作品展示やイベントを開催します。「TOOL」では上記のアーティスト2名による作品展示、「TABLE」では展示アーティストとのワークショップから「毎日ワークショップ:カメラで色撮るみやうち」などの企画を実施。また、自由に工作ができる造形コーナーを今年も設置します。「LOBBY」では、本展に合わせて選定した収蔵作品の展示・収蔵図書の鑑賞を入館料不要でご覧いただけるスペースを設置します。

「KIT」について

「KIT」は、連絡を取り合うなどの意味をもつ「Keep in touch」の略語であり、さらには材料や道具のセットである「キット」、強い期待を表す「きっと」といった意味を込めています。ここでのアート活動を通した出会いが次の体験へと繋がっていくことを期待します。

同時開催:「入野忠芳−不確かな行方」

会期:2023年7月26日(金)-9月23日(月・祝)
会場:アートギャラリーミヤウチ3F展示室
※-9/1(日)まで「KIT Miyauchi 00」展の入館チケットと共通です。
展示の詳細はこちら

展示アーティスト/参考作品

企画展における『TOOL』の枠組みでは作品の展示を行います。本年は、写真を制作手段として活動する2名のアーティストが、宮内地域を舞台に制作する新作を展示します。※参考作品は本展の作品とは異なります。

参考作品:イタイミナコ《硫黄島ブンカケン》2023年(撮影:友枝望)
参考作品:Yuka Mizuhara《間-awai-》2023年

イタイミナコ

1994年福岡生まれ、2014年8月広島で土砂災害に遭うことをきっかけにあらゆる地域の潜在的な可能性を探る文化ツーリズムを始める。現在広島市営基町高層アパート自治会長を務め、ライフワークとして住民との対話を日々繰り返しながら芸術活動を続けている。

Yuka Mizuhara

1997年生まれ。香川を拠点に活動する写真家。写真が趣味であった祖父の影響で写真を始める。瀬戸内の海や豊かな自然、身近な植物をモチーフに、日々の暮らしの中での些細な感動や気づきを写真で綴る。パーソナルワークとして身近な存在の人物の遺品を撮影している。写真家として活動する傍ら、アトリエ兼ギャラリーショップ「minamo」を共同運営している。

『TABLE』イベント一覧

各イベントで参加費が異なります(入館料のみのイベントもあり)。
「*」はお申し込みが必要なイベントです。当ページ下の参加お申し込みフォーム、または電話にて受け付けております:0829-30-8511(受付時間:火・水を除く、10:00-17:00)

アーティストイベント
・「アーティストトーク」8月3日(土)14:30-16:00*
・「サイアノタイプ制作体験+プチピクニック」8月4日(日)10:30-11:30*
・「ブンカケン発表会」8月15日(木)11:30-終了未定
・「屋内ぐるぐるツアー」8月24日(土)14:30-16:00*

レクチャー
「地域プロジェクトの活動(仮称)」8月10日(土)14:30-16:00*
ゲスト講師:中村圭(広島市立大学芸術学部准教授、基町プロジェクト・ディレクター)

切り貼りレポートづくり
8月12日(月・祝)・17日(土)・31日(土)全日14:30-16:00*

学芸員によるトーク
8月11日(日)・18日(日)・9月1日(日)全日11:30-12:00

毎日ワークショップ:カメラで色撮るみやうち
開館日に開催(10:00-16:00)

造形コーナー
開館日に開催(10:00-17:00)
画材協賛:株式会社パイロットコーポレーション

『LOBBY(ロビー)』

『LOBBY』で体験できること

-プチ・ライブラリー
どなたでも当館所蔵の図書を閲覧することができます。
– プチ・コレクション展
当館の収蔵作品から企画展に合わせて選定するコレクション展。

基本情報

会期・入館料
  • 会期:2024年7月26日(金)-9月1日(日)
  • 火曜日・水曜日は休館(但し8/13・14は開館)
  • 開館時間:10:00-17:00(最終入館は16:30)
  • 入館料:一般500(400)円、学生300(280)円

 ※一部無料ゾーンあり
 ※( )内は10名以上の団体料金。高校生以下又は18歳未満、各種障がい者手帳をお持ちの方と介助者1名は無料
 ※入場チケットで同時開催の「入野忠芳」展もご覧いただけます

イベントお申し込みフォーム
*必須項目
参加されるイベント






メールマガジン
 

*同じメールアドレスで追加のお申し込みをされる場合は 0829-30-8511、または、agm@miyauchiaf.or.jp へご連絡くださいませ。

休館日

火・水曜日(但し8/13, 14は開館)

主催

公益財団法人みやうち芸術文化振興財団

後援

廿日市市教育委員会、FMはつかいち76.1MHz

スタンプラリー

9月1日(日)のみ、はつかいちアートレゾナンスの企画「はつかいちアートスタンプラリー」(9/1-2025/8/31まで開催)の対象日です。詳細はこちら:https://www.umam.jp/hatsukaichiartresonance/